【実例4−④】新社会人女子の部屋~母の想いが届くとき!~

ご訪問ありがとうございます。

南大阪の整理収納アドバイザー OSAME-LABO 代表
おさめ こと、 鮫島理恵子です。

前回に引き続き モニター O様 の実例④の4回目をお届けします。
今回はご長女様のお部屋の整理収納になります。

先ずはアフターから。

 

アフター

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

大学を卒業されて、就職してからの新社会人は、変化と緊張感がある日々。
きっとこの一年も駆け足であっという間だったことでしょう。

医療関係のお仕事で毎日が多忙との事。
勉強も日々頑張っておられるお嬢様は、とっても美人な頑張り屋さんです。

今回は自発的に「次は私の部屋を!」とやる気を見せてくれました。
それはやはり、12月から物凄い頑張りを見せてくれたお母様の姿を見たから。

家族の気持ちはやっぱり伝わるのですね。
今までは、なかなか忙しくて後回しにしていたお片付けにも進んで参加して頂けました。

そう。

『お片付けは、本人が居ないと始まらない』

のです。

 

■ビフォー

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~
※モニター様には写真掲載の許可を頂いております。

社会人になってお洋服がどんどん増えたそうです。
確かにクローゼットがお洋服で溢れています。

洋服の状態もキレイで、決して汚い訳ではありません。
モノを持ちすぎて管理出来ていないだけです。

モノを全部出して、一つひとつチェック。

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

クローゼットの上段はロフトになっていますが、そこには “とりあえず” のモノで一杯でした。
先ずは全てのモノを下ろすことからスタート。

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

子どもの頃は、ロフトはベットスペースだったそうですが、
大人になってからは、ベットを購入したので物置と化してしまったそうです。

 

アフター(ロフト)

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

ロフト部分も、物置じゃなくて他の役目を与えたい。
パズルが趣味との事でしたので、パズル作業スペースにしました。
ひとまず床が寒いので、毛布でカバーしてあります。

 

アフター(クローゼット)

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

お嬢様は洋服を畳む事があまり好きじゃないとの事でしたので
クローゼットは掛けることを中心にレイアウト。

[ポイント]

ラクに続けられる仕組みが、一番大切です。

 

マンガもコレクションされてるので、沢山あります。
良く読まれる本はこちらに収納しました。
【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

クローゼットは奥行きがあり、一番奥にはコレクションの本(蔵書)を。
洋服を掛けるパイプバーも2本あるので、
真ん中のバーは春夏服を中心に。
一番良く見える手前のバーには、今の季節の秋冬服とお気に入りの服を。

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

 

クローゼットも一目で見えることが重要。

衣替えシーズンには、バーの前後をかけ直せば完了。

 

では、今回の概要のおさらいです。

 

ビフォー

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

 

アフター

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

 

お嬢様の整理収納サービス中、急遽ご長男もお片付けに参加される事になり・・・

「もう!今日はお兄ちゃんの日じゃないんだからね~」

と、お嬢様。
今までお片付けには、全く興味を示されていなかったのに・・・。
これにはご家族も驚かれたご様子でした。

 

家族の頑張っている姿を目の当たりにすると、やっぱり感動が生まれるのですね。

[後記]

私が整理収納サービスでお会いしたお客様の大半が、頑張り屋さんです。

本当に今まで、何度も何度もご自分でお片付けをされています。
毎年、頑張ってはいるんです。

お片付け関係の本や情報にも敏感で、色々と試行錯誤されておられます。
「自分でなんとかしなくてはいけない・・・」
と。

そして、悩んで苦しんだからこそ、
「プロのアドバイザーと共に整理収納を実行する!」
という決断されているのです。
それは勇気と決意を持った行動なのです。

 

そんな想いを丁寧に受け止めるためにも

 

OSAME-LABO は

真剣にお話を聞きます。
お気持ちに寄り添えるように、解決策を考えます。
お客様の気持ちが、頑張りが痛いほど伝わるから。

 

今回の事でお母様の頑張る姿が、お子様たちにも伝わったのだと思います。
整理収納は素敵なアクションであり、「愛」なのだといつも思っています。


その後、沢山の古着が出たものを、家族皆様でお手伝いして下さいました。

【実例④-4】新社会人女子の部屋 ~母の想いが届くとき!~

協力して頂き、行動して頂き・・・。

私自身、整理収納サービスは一人でお伺いしているので、仕分けをして頂ける事で非常に助かり、
そのお心遣いが有難くも嬉しい時間でもあります。
本当にありがとうございました。

 

後日、H&Mとセカンドストリートにお嬢様からお預かりしたお洋服を買い取って頂く為訪問しました。

ちょっとしたお年玉くらいになりました。
全てをお母様にお渡しして、精算完了です。

モノがただのゴミではなく、できれば再利用して活かしたい!

いつもそんな想いで活動しています。

 

整理収納の必要性。
後回しにすると、のしかかる大変さ。
今回もいろんな思いがあったのだと思います。

 

さて、次回は玄関 編です。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました?

OSAME-LABOの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

OSAME-LABO
OSAME-LABO
[鮫島理恵子] OSAME-LABO®代表。
手描きの収納プランニング画《OSAME-Map®》を考案。
丁寧で分かりやすいサービススタイルを提案し大人気。
整理収納サービスは、常に3ヶ月待ちの整理収納アドバイザー。