感謝!入院生活の便利グッズ

〝整理収納は愛〟がポリシー

南大阪の整理収納アドバイザー
OSAME−LABO 代表 鮫島理恵子です

入院生活、そろそろ二ヶ月経とうとしています

皆様の応援のお陰で、すこぶる気持ちは元気です(足以外)

去年のクリスマスイブに、

右足関節脱臼骨折の手術を受けました

現在の病室にて

私にとって、この怪我は青天の霹靂…( ; ; )

今まで病気も怪我も縁がなかったので、

入院に何が必要で、何があると快適なのか

最初の頃は全く分かっていませんでした

治療入院の一ヶ月間は個室。飾る事ができて有り難い♡

術後に少し容態が落ち着いてきた頃、

友人それぞれが〝便利グッズ〟を差し入れてくれたんです

感謝!!!

ペンのようなスリムハサミ

用途に応じたバックやポーチ

ネイルケアセット(ハサミ・爪切り・耳かき)

便利で使いやすいグッズは、

入院初心者の私にはとても有り難かったです!

病室は限られた収納スペースしかありません

色々な便利なアイテムがあったお陰で、

私は最初から快適でした

細やかな気遣いの差し入れの数々、本当に感謝しています♡

工夫した100円グッズあれこれ

私が家族に頼んで持ってきてもらったグッズはこれ^^

①洗濯物ピンチ

  • 電源ケーブルを固定
  • ゴミ袋をひっかける

②S字フックのカゴ

手術後は、体も痛くて身動き取れない(泣)
ベットガードに引っ掛け、小物を置いていました

  • テイッシュ
  • ウェットテッシュ
  • 眼鏡ケース
  • リップクリーム(病院は乾燥ぎみ)
  • 病院から出ている薬
  • 日々の予定表
  • ペンケース

サイドテーブルは食事や処置で頻繁に使います
使うものしか置きたくない!

100円ショップの引っ掛けグッズは、
必要なモノが側にセットできてスッキリ^^

 

なんせ、病室は限られたスペースなんで

はさんだり、引っ掛けたり、したいんです!

直置きするスペースが少ないですからね

ゴミ箱ももちろん部屋にあるけど、わりと小さめ

身動きが取れにくい時は、ゴミ箱に投げ入れても

「んんんーーー…ゴミ外した(泣)」

と、よく散らかしてしまっていたなー

プライベートなスペースは狭くとも、

目に入る所はお気に入りに囲まれて、快適に使いたい!!

それは、自宅でなくても思いは同じです

OSAME-LABOの最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

OSAME-LABO
OSAME-LABO
[鮫島理恵子] OSAME-LABO®代表。
手描きの収納プランニング画《OSAME-Map®》を考案。
丁寧で分かりやすいサービススタイルを提案し大人気。
整理収納サービスは、常に3ヶ月待ちの整理収納アドバイザー。